チラシの裏

アニメとかの感想みたいなんを適当に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

交響詩篇エウレカセブン #2

ローテンションの時のほうがリアクション多くて
ちょと失速空回り気味のbasisです、こんばんわ
や、俺自身ハイテンションのときの、溢れんばかりのイタさは自覚してますがッ!
(泣いてなんかないよ?)


というわけで今回は
交響詩篇エウレカセブン第二話「ブルー・スカイ・フィッシュ」のお話です

前回、勢いに任せて崖からバイクごとジャンプしたレントン
アミダドライブをエウレカの元へ届けるため、
無事トラバーの波に乗り、難なくカットバックドロップターンを決めちゃいつつ
(作品の中でリフ技は、カットバックドロップターンしかないのは気のせいですか?)
無事エウレカのもとへたどり着きました

カットバックターンを決めた感激の余り、勢いに任せて告白するレントン
ホント若いっていいですよね(遠い目で)

レントン

レントン
「キミ、最高だ・・・・
 俺はキミが好きなんだッ!!!!」


エウレカ嬢


エウレカ
「ハァ?(゚Д゚)」



あ え な く 玉 砕


しかしお二人のやり取りなんざ気にせず襲ってくる敵さん
まさか敵も騎乗位のままコクってるとは夢にも思ってないのでしょう


それ以上にレントンがエウレカのリアクションを微塵も気にしてませんが


さらに止まらないレントンの勢い、そのままアミダドライブをセットするも
逆にLFOタイプ0が操縦不可になるというダメっぷり

しかしそこは主人公、ここで死んじゃうと色々大人の都合が悪いんで
セブンスウェル
を引き起こしました

もう何がなんだかわかりませんが、無事祖父サーストンの元へ帰還しますが


LFOtype0


ま た エ ウ レ カ 嬢 が 人 ん チ の 残 骸 に 追 い 討 ち か け ま し た

これでもレントンはエウレカのことをいいコだと言いやがりますか

そしてレントンがエウレカとホランド(cv野原ひろし)に誘われ
無事ゲッコーステイトのメンバー入りすることになりました
結局オンナかよ

ストーリー的にはこんなとこ
4クールあるらしいんで、長編らしくのんびりです

あんまり動きも無いので、感想あげにくいですが
ひとことだけ言うとなると

スピードグラファーじゃないです


「学がネェ奴は・・・」とか言う以前に、操縦手伝えよオッサン

と思ったら、彼はゲッコーステイト刊行の「Ray=Out」カメラマンのようでした

・・・え、ゲッコーステイト刊行って
あんだけメジャーっぽいのに同人誌ってことですか




閑話休題

そういえば、昨日ブログに書いた記事で、友人からツッコミを頂きました
スピードグラファーのオープニングのサビについてなんですが

× GONZO Feel!!(俺はこっちだと思ってました)
○ Girls on Film

だそうです
あながち見当違いってわけでもないんですが
もうG O N Z O   F e e lでいいじゃないですか
スポンサーサイト
  1. 2005/04/24(日) 20:37:25|
  2. アニメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ば

03 | 2005/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。